■2017年03月28日(火)16:48  本院の治療器 part2
img02.jpg 200×133 14K今回は、干渉波について書きます。

2つの導子(体に直接付ける電極)から異なる周波数の低周波電流を流し、体内で交差(干渉)させ、患部にその周波数の差に相当する低い干渉電流を発生させて、その刺激を利用する治療法です。
筋肉を収縮、拡張させ、そのポンピング作用により筋肉をほぐし、血流を促進させて、痛み物質の除去を図ります。
付けている時は、痛みはなく、もまれているような感覚です。

首や腰からくる手足のしびれ、捻挫、むち打ち、肩こり、背部痛、腰痛、膝痛関節などのあらゆる疾患に適応されます。

なかなか改善がみられなかったりマッサージの刺激が苦手な人、悩まれている方ぜひ一度試してみてください。

過去ログ 2013年04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 
2017年03月 04月 
2018年06月 07月 08月 09月 10月 
2019年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月