診療案内

交通事故とむち打ちの関係

交通事故にあわれた場合、たとえ外傷や自覚症状がなくても、すぐに医師の診察をお受けください。 「たいした痛みではないから...」「事故から時間が経ってから痛んできたし...」「少しくらい...」、そう考えて放置すると、後々まで苦痛をともなうことになり、日常生活に支障をきたしてしまいます。

ほんの少しでも気になる症状がある場合には、すぐに当院ご相談下さい。治療に訪れる患者様に心から回復していただけるよう、全力でサポートします。
ページの先頭へ戻る

むち打ち

むち打ちとは

交通事故による外傷の中でもっとも発生率が高いのが『むち打ち』です。
『むち打ち』とは、追突などの強い衝撃で腰椎・脊椎から頚部・頭部にかけて過伸展過屈曲し、むちを打ったようにしなることが原因で発生する頚椎捻挫の総称です。
数日後から数週間後に痛みが現れることがあります。

むち打ちになると、一般的には下記のような症状が現れます。
ページの先頭へ戻る

当院の治療の特徴

当院では、むち打ちなどの早期回復のため、以下のことを心がけて治療を行なっています。

 特徴その1 電気療法と手技療法で治療

当院では最新の治療機器での電気療法と手技療法を症状に合わせて行ないます。
骨をバキバキ鳴らすような乱暴な治療ではなく、患者様に不安や恐怖心を与えないよう、丁寧な治療をします。

 特徴その2 交通事故症例専門

当院では交通事故の治療を専門的に扱っています。多くの治療実績の中から、患者様一人ひとりに合う適切な治療を行ないます。効率的な治療計画を立て、早期回復に努めます。

 特徴その3 保険会社との手続きを実施

症例にもよりますが、交通事故後に治療を開始してから3ヵ月は、治療期間としてとても重要です。この期間中に保険会社との交渉などの煩わしさを抱えて治療に集中できないと、回復に支障をきたしてしまいます。
保険会社との複雑な手続きや交渉は当院で行ないますのでご安心ください。

ページの先頭へ戻る

自賠責保険治療

当院では、交通事故の後遺症に対応した保険会社各社の自賠責保険治療を取り扱っています。
むち打ち、腰痛、2次的疾患である手足のしびれ、肩こり、背中の痛みなど、交通事故が原因となっている症状が現れ、その経過が順調でない患者様のご相談に応じています。

ページの先頭へ戻る

自賠責保険の手続き

ここでは、自動車損害賠償責任保険の手続きについてご説明します。

ページの先頭へ戻る

治療の流れ

治療前から治療後まで、当院の治療の流れをご案内します。

法律相談事務所へのご相談

交通事故にあわれると身体への問題の他に、法的な手続きや保険会社とのやりとりなど様々なことを行なわなければなりません。
これらのお手伝いや事故被害者の方が少しでも有利な条件に事故を収めるために、法律事務所へのご相談もおすすめしております。

【相談できる法律相談事務所】
NYリーガルパートナーズ
http://www.ny-koutsujiko.jp/

お問い合わせはダイヤル 03-5790-2700 ホームページからのお問い合わせはこちら
各種保険取り扱い