頸椎(C1〜C7)の解剖学と役割について、頸部椎間関節の構造と機能、および関連する病症 | スタッフBLOG|交通事故から肩こり、腰痛までを行なう笹塚鍼灸整骨院

03-5790-2732
【火水以外】9:30〜20:30【火水】9:30〜24:00
【日】9:30〜19:30【祝】9:30〜16:30

スタッフBLOG

スタッフBLOG

頸椎(C1〜C7)の解剖学と役割について、頸部椎間関節の構造と機能、および関連する病症

  1. 骨格矯正

こんにちは!

笹塚鍼灸整骨院です!

 

本日は首の骨について詳しく話していこうとおもいます!

 頸椎(C1〜C7)の解剖学と役割

 

1. C1(第一頚椎、アトラス)

   - 特徴: 体と円環椎からなり、頭蓋底の下部に位置し、頭部の支え役を担う。

  

2. C2(第二頚椎、軸椎)

   - 特徴: 顆と歯様突起を持ち、頭部の回転運動を可能にする。

  

3. C3〜C7

   - 構造: 横突起や棘突起を持ち、頸部の安定性を提供する。

   - 役割: 頭部のサポート、首の動きを制御、神経や血管の通過路を確保。

 

 頸部椎間関節の構造と機能

 

構造

   - 頸椎の椎体と椎弓基部の間にある。

   - 椎弓根(上)と椎弓頭(下)からなり、滑膜や関節包で覆われている。

  

機能

   - 頸椎の運動を支援し、首の柔軟性を維持する。

   - 衝撃吸収と安定性を提供し、神経や血管を保護する。

 

関連する病症

 

1. 寝違え

   - 首の筋肉の突然の痙攣や炎症による急性の首の痛み。

  

2. むちうち症

   - 頸椎周囲の軟部組織や筋肉にダメージが起こる、通常は交通事故による急性の首の痛み。

  

3. 椎間板ヘルニア

   - 椎間板の変性や損傷により、椎間板の内部のゲル状の核が椎間板の外側に押し出され、神経を圧迫することで痛みや痺れを引き起こす。

  

4. 変形性関節症

   - 頸椎の関節面の軟骨が摩耗し、骨同士が直接接触することで炎症や痛みが生じる。

  

5. 神経根症

   - 椎間孔から神経根が圧迫されることで、痛みやしびれ、筋力低下が起こる。

 

これらの病症はそれぞれ異なる原因や症状を示すが、多くは首の痛みや不快感、神経の圧迫に関連する。治療法は症状や原因に基づき異なり、医師の診断と治療が必要とされる。

 

この要約は、頸椎の構造と機能に関する基本的な情報と、一般的な関連病症についての概要を提供しています。医学的な詳細や治療法については、専門家に相談することをお勧めします。

 

笹塚鍼灸整骨院